• ホーム
  • オーリスタットに副作用はある?

オーリスタットに副作用はある?

オーリスタットは比較的安全性は高いのですが、医薬品の一つであるのでやはり副作用もあります。
それではどんな副作用があるのかというと、最も一般的な症状としてはお腹が緩くなるという事が挙げられます。
例えば、おならが出そうになったら人にバレないようにこっそりとする事はよくありますが、おならをしたはずみで脂分の交じった便も一緒に出てしまいやすいので気をつけなくてはならないです。

これはオーリスタットが効いているからこそ起きる事なのですが、便で下着を汚してしまって大変だったという人もいます。
しかも、その臭いはかなりのものとなるので、便意がある訳では無くてもおならをする際には必ずトイレで行うようにした方が良いです。
また、トイレに行くのが難しい場合の服用はお腹が緩くなるので避けておいた方が安全です。

その他の副作用としては、オーリスタットは脂肪分の吸収を阻害する作用がありますが、それと同時に脂溶性ビタミンの吸収が阻害されてしまう事が挙げられます。
ビタミンは身体には必要であり、不足する事によって様々な症状が出てくる事も考えられます。
そのためにビタミン不足を補うためにも脂溶性ビタミンのサプリメントを併用するのが良いです。

以上二つが主に注意した方が良いオーリスタットの服用による副作用ですが、その他にも体の異常が現れる可能性は低いとはいえゼロではありません。
もしも体に異常が感じられた場合は服用するのは止めて病院で診てもらうようにした方が良いです。
また、妊娠中の方や授乳中の方の場合はオーリスタットの服用は禁止されています。
妊娠中は太りやすいからといってダイエットする事自体が子供へも影響を与えて決して良くはないので止めておくべきです。